食事とセロトニン

Pocket

皆さんこんにちは!

腸もみエステリープルです!(^^)!

今年の10月は珍しく祝日がありませんね(>_<)平日勤務されている方にとっては少し疲れの溜まりやすい月かもしれません。

そんな中で皆さんは普段自分の身体をみつめる時間を作ったりはされていますか?

忙しい時こそ、その分自分を見つめなおす少しの時間やリラックスタイムも必要かと思います(^^♪

 

リープルでも様々な悩みを抱えたお客様がいらっしゃいます。よく挙がるお悩みとしては

下腹部ぽっこり/便秘(下痢)/冷え/むくみ/おなかの張り(ガスが溜まりやすい)/生理痛、生理不順、PMS

痩せにくい/くびれが欲しい/美肌になりたい/妊活したい/疲れやすい/睡眠の質が悪い/腰痛、肩こり

など様々です。

特にお腹が不調だと何をするにも気になってしましますよね…

小腸では食べ物の消化と吸収(約90%)、免疫細胞の生成(約70%)、セロトニンの生成・分泌(約90%)と

身体にとって重要なお仕事がたくさん!そのため腸の不調は身体全体の不調にもつながってしまいます(>_<)

 

私たちの身体は食べたものでできているので、毎日の積み重ねが大切になってきます。

精神の安定、安心感や平常心、頭の回転を良くして直観力を働かせる鍵になるともいわれているセロトニン。

不足すると慢性的なストレスや疲労、イライラ感、向上心の低下や意欲低下、協調性の欠如、うつ症状、不眠、など様々な不調が現れてきます。

 

食事の面でもセロトニンの分泌を助けてくれる食材は多くあります。

☆トリプトファンを含む食材☆

カツオやマグロ、牛乳やチーズなど乳製品、豚肉や牛肉、納豆や豆腐などの大豆製品、

ナッツ類やバナナ等 があります。

これらはほかの食品とともに摂ることで合成されるので、ビタミンB6やマグネシウム、ナイアシン、

ビタミンB12、鉄、カルシウムなど、バランス良く食事を摂ることが大切になってきます。

セロトニンは昼間に多く分泌されますが、これが夜の睡眠のホルモンのメラトニンの原料にもなります。

メラトニンは睡眠や覚醒、ホルモン分泌や季節のリズムなどの概日リズム(サーガディアンリズム)を調整する役割があります。

そのため、腸が健康であることは睡眠にも大きく影響してくるといえます!

 

メラトニンの生成は朝の日光を浴びることで分泌が始まるので、朝起きたらまずカーテンを開けて日の光を浴びるのも良いですね。

ちなみに私は遮光カーテンを使っているため、夜寝る前に半分カーテンを開けて寝ています。朝日で自然に目が覚めやすくなるのでとってもオススメです!

 

セロトニンを増やして毎日を快適に過ごしたいですね(^^)/

 

もっと腸のことが知りたい!
実際に腸もみを受けて自分の腸の状態を知りたい!
と言う方は、東京・東麻布の腸もみエステ Leapl(リープル)まで♪

 

Pocket

記事が気に入ったらいいねしてください♪          リープルの最新情報をお届けします♪